洋林建設は、”Imagination”と”Creation”の2つのSOZOをベースに、「人と自然と技術の調和した快適な未来」をめざしつづけます。
洋林建設株式会社
受付時間:9:00~17:00 (月~金)

先輩社員インタビュー Part1

[PROFILE]
貞弘 勝一郎
2013年入社 / 土木部
Q1.洋林建設に入社を決めた理由は何ですか?

私の父親も建設業でした。建築と土木の違いはありますが、小さい頃から「ここはパパたちが建てた建物だぞ」とよく聞かされていました。今思えばその言葉に憧れがあったもしれません。
そこで建設業の目指せる高校に進学し、インターンシップを当社で行い、そこで職場のみなさんが洋林建設の社員という誇りと自覚をもって仕事をしている姿がかっこいいと思い、入社したいと思いました!

Q2.現在の仕事内容を教えて下さい

土木現場において、工程の管理、品質の管理を行っています。
土木工事はパワフルかつダイナミックなイメージもあり、品質の管理という言葉がピンとこない方もいるかもしれませんが、実際の土木現場の仕事は、安全で耐久性の高い構築物を造るため、繊細な管理の元、高品質かつ見栄えのよい、道路や橋、トンネル、ダムを築造していくことを目標に日々、業務に取り組んでいます。

Q3.職場の雰囲気はどうですか?

仕事風景

入社前、今まで触れる機会の少なかった工事現場という場所に対して不安もありましたが、実際に入社してみると上司、先輩方はとても和気あいあいとしていて、スッと溶け込むことができました。
入社から5年たった現在でも、日々、新たな挑戦や経験が多く、常に向上心を持って仕事をすることができる会社環境だと思います!

Q4.今後やっていきたいことは何ですか?

現場での失敗、成功体験を次に活かすことで、経験値豊かな土木技術者になりたいです!
それに加え、資格の取得等、自己啓発に励み、会社からも発注者からも、そして社会からも信用されるよう努力を続けていきたいです。
また将来は、学生をはじめとする若い方々に土木の魅力を伝えていきたいと考えています。そしていつかその魅力を伝えた方とともに仕事をするのが私の夢です!

就活中の方へメッセージ!

みなさんが普段使う、道路、トンネル、橋。災害から皆さんを守る護岸。他にもたくさん生活の基盤となる公共施設。これらを作るのが私達建設業の役割です。地図に残る仕事だとよく言われますが、私はいのちを守る仕事だと思っています。
洋林建設では山口県内を中心にさまざまなインフラ整備に携わることができます。そしてそれがみなさんのいのちを守り、生活を豊かにする手助けをしています。
将来このメッセージを読まれたあなたと一緒に仕事ができる日を楽しみにしています!
ぜひ洋林建設の一員として大きい仕事やり遂げてみませんか?